無料ブログはココログ

« 必ずや世に認知させる | トップページ | NHK視点論点の中傷文について »

2006年12月19日 (火)

見識を疑う知識人とやら

当ブログをご覧戴いて下さる方々には誠に恐縮です。所謂世で専門家と言われている方々にも本当に専門家なの、と耳を疑いたくなるコメントや物事の説明を堂々とやってのける学者とやらが氾濫して居るのは日本人が変わってしまったのか、それとも私自身が人のあら捜しを、し過ぎるのでしょうか。

内容は昨夜のことです。あろうことか『天下のNHK教育テレビ・視点論点』での出来事です。余りにも無責任な解説なのであえて名前を明記します。

大阪大学教授、菊池誠・専門は物理学。タイトルは『まん延する・ニセ科学』でした、確かに私個人も、ひどい世の中になったと思う一人では有ります。

許せないのはNHKであり、しかも言葉が適切かどうかは分かりませんが、良識ある方々が相当数ご覧になる番組であり、世の地位も十二分に認知された知識人と言われる方々が代わる代わる出演される番組です。

多くの国民がコメントを参考にされる番組でもあり、NHK側もそれなりの重みの有る番組として構成して居るものと思います。

なぜ私が怒って居るかと申しますと、この教授、本物と言われる『無機N型ゲルマニウム』を確認していないでしょう。当然体験もして居ないでしょう。

何故なら確かな製品で確かな施術をすれば、数ヶ月、或いは数年苦しんでいた、腰痛やヒザ痛、重度の肩コリ等々を目の前で瞬時に痛みから解放出来る第3の医学療法と言えるものです。

常識とは世の中で当たり前になった事柄が常識と言うだけ。又過去に有り得ない出来事は非常識と言うだけです。体験者は今迄の治療は何だったんだと異口同音におっしゃるのは今やゲルマニウム粒施術の業界では常識です。

確かに許せない商品を販売し続ける業者は後を絶たないのも事実であることは間違いありません。しかしだからと言って科学者であり自分の専門分野の案件『ゲルマニウム製品』を全てニセ科学と決め付けるのは軽率である。

速やかに実状を確認し、何らかの訂正の場を持つべきと思う。何処かのテレビ番組がやっていた『占い師』の無責任なやらせ番組なら『あぁ~あ又やってるは』と諦めるしかない。

しかし歴とした有名な国立大学の物理学者が公共放送で味噌も糞も同じに解説するのは軽率過ぎるだけでなく、情けない限だ。

の放送は特別な事情が無い限り再放送があるはずです。お時間の許せる方、ご覧になって下さい。

千葉県市原市君塚4-19-2寿康堂

« 必ずや世に認知させる | トップページ | NHK視点論点の中傷文について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49970/4602890

この記事へのトラックバック一覧です: 見識を疑う知識人とやら:

« 必ずや世に認知させる | トップページ | NHK視点論点の中傷文について »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30